2008年03月28日

果実丸ごと 苺パン

 916BA7D46069EB3EFDBBEE1709D0B72F.jpg

 丸ごと苺が入ったフルーティーなパン
 部屋中に苺の香りが広がる

 <小5〜6個>
 強力粉      150g  (100%)
 いちご      7〜8粒 (65%)
 ドライイースト  1.5g   (1%)
 塩         1.5g   (1%)
 オリーブオイル  5g   (3%)

 :苺のヘタを取り、ドロドロになるまでつぶす。
   手でグチャグチャしても、ミキサーでピューレにしてもいい。
   果肉も含めて100cc用意する。
 :【生地作り】 ボールに強力粉・ドライイースト・塩を入れ、 を少しずつ様子をみながら入れる。
   よく混ぜ合わせ、ツルツルと一まとまりになったら、オリーブオイルを加えこねる。
 :台に移し、生地の端をもって叩きつけたり、台にこすり付けるようにこねる。
   台についた生地を取って集めながら、この叩くとこねるを繰り返す。
   全体で15分以内。
 :【一次発酵】 表面を張ってキレイに一つに丸めて、はじめに使ったボールに戻す。
   ラップをして、暖かい所で2倍に膨らむまで発酵させる。40〜50分くらい。
 :【ベンチタイム】 ガスを抜いて分割し、それぞれ丸めて濡れ布巾をかける。
   15分ほど休ませる。
 :【成形&二次発酵】 手のひらで平らにし、周りの生地を中心へ巻き込みながら少し細長い丸にする。
   天板に並べ濡れ布巾をかけて、暖かい所で2倍に膨らむまで発酵。
   約30分くらい。
 :【焼成】 茶こしで強力粉をふり、箸で真ん中を押さえて筋をつける。
   180℃に熱したオーブンで、15分前後焼く。

ポイント 甘いパンにしたい時は、生地に砂糖を加える。
      その時、水分に気をつけ、塩を1.5%ぐらいに増やす。
      苺がドロドロになれば、どんなつぶし方でも良い。
   
posted by 向夏 at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | パン(ソフト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

文旦ピールのカンパーニュ

 文旦ピール(リンゴ酵母) (1).jpg

 リンゴ酵母使用

 強力粉      85%
 薄力粉      15%
 元種        40%
 塩          1%
 砂糖        3%
 水分       50%くらい

 文旦ピール   適量(?)

ピールは、一度湯がいて砂糖を落とし、ペーパーで水分をよく取ってから刻む。

       
posted by 向夏 at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | パン(ハード) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

豚味噌そーめん

 豚味噌そうめん.jpg
 唐辛子を効かせて、辛味噌麺に
 白菜のシャキシャキがイイ

 <1人分>
 そうめん          1束
 豚挽き肉         70〜100g
 にんにく・しょうが    適量
 ゴマ油           適量
 ★味噌          大さじ1/2
 ★豆板醤         小さじ1/2
 ★しょう油         大さじ1弱
 ★砂糖          小さじ1
 ★水            1/2カップ
 白菜            2〜3枚
 鷹の爪輪切り      適宜

 :ゴマ油を熱したフライパンに、刻んだニンニク・おろしショウガ・豚挽肉を入れ炒める。
   そこへ★の材料を加え、しっかり煮詰める。
   いったん取り出しておく。
 :そうめんを固めにゆで、水で洗う。
 :1cm角くらいにカットした白菜をフライパンで炒めたら、
   水1カップ・好みで鷹の爪・ の肉味噌を戻し入れ、軽く煮る。
   そうめんも加え、温める程度に煮る。

ポイント 使う味噌や豆板醤によって味が違うので、量など調節する。
      個人的に辛いのが好きなので鷹の爪を入れてるが、
      控えたい時は無くしたり、豆板醤の量を調節する。
   
posted by 向夏 at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | パスタ・麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鶏塩そーめん

 鶏塩そうめん (1).jpg

 そうめんを温かく頂く
 ゴマ油が効いてるさっぱり麺

 <1人分>
 そうめん       1束
 鶏挽き肉       50〜100g
 長ネギ        1/2本
 大根          1〜2p
 ゴマ油        大さじ2
 ★水          1.5カップ
 ★塩          適量
 ★薄口醤油     一たらし
 ラー油         適量

 :大根は1cm角くらいに切り、長ネギは小口切り。
   ゴマ油(大さじ1)を熱したフライパンで鶏挽肉を炒め、
   半分火が通ったらネギ・大根を加え炒める。
 :そうめんを固めにゆで、一度水で洗う。
 :のフライパンに★の材料・残りのゴマ油(大さじ1)を入れ、煮立てる。
   味が調ったら、そうめんを入れ温める程度に煮る。
 :器に盛ったら、お好みでラー油をかける。

ポイント 長ネギは多めが美味しい。
      味付けは塩のみだけど、好みで中華ダシを入れても。
  
posted by 向夏 at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | パスタ・麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だいこんのペペロンチーノ

 daikon-pasta.jpg

 ちょっとだけ和風なスパゲッティ

 <2人分>
 スパゲッティ      2人分
 大根           5〜8pくらい
 大根の葉        1/2〜1本分
 にんにく・鷹の爪    適量
 オリーブオイル     適量
 塩             適量
 醤油           ちょこっと

 :大根は5o幅に輪切りし、それを千切りにする。
   葉は小口切り。
   たっぷりの湯に多めの塩を入れて、パスタをゆでる。
 :フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ、火にかけ香りが出たら、大根・鷹の爪を炒める。
   透き通ってきたら、大根の葉を入れかるく炒める。
   (鷹の爪は好みで取り出す)
 :のフライパンに、ゆで上がったパスタ・ゆで汁少々を入れよく炒めて絡める。
   塩で味を調えたら、醤油を鍋肌から入れ香りをつける。

ポイント 大根は細いほうが麺に絡みやすい。
      夏の大根は辛いので注意。
   
posted by 向夏 at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | パスタ・麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

かぼちゃのソフトパン

 カボチャのソフトパン.jpg

 かぼちゃを練り込んだほんのり甘いパン
 <3個>
 強力粉       180g     (90%)
 上新粉(強力粉) 20g      (10%)
 かぼちゃ      80〜90g   (40%)
 ドライイースト   小さじ1/3
 砂糖         5g      (2.5%)
 塩          3〜4g     (2%)
 水          約110t   (50%)
 サラダ油(バター) 小さじ1   (2.5%)

 :かぼちゃは適当な大きさに切って、電子レンジで柔らかくして皮を取り除く。
   フォーク等でつぶす。
 :【生地作り】 ボールに粉をふるい、砂糖・ドライイーストを加える。
   かぼちゃも入れ、様子をみながら水を入れて大体全体を混ぜ合わせ、塩を加えてこねて一まとまりにする。
   (生地はべたついてダレ易いので、必要であれば手粉をする)
 :【一次発酵】 サラダ油を入れて、再びよくこねる。
   丸く表面をピンと張ったら、ボールに入れラップして、30℃程の湯煎にかける。
 :【ベンチタイム】 2倍の大きさになったら台に取り出し、手のひらでガス抜きをする。
   3等分したらそれぞれ軽く丸めて、濡れ布巾をかけて15分置く。
 :【二次発酵】 再びキレイに丸めなおしたら天板に並べ、濡れ布巾をかけその上からラップをして、
   暖かい場所で45分くらい置く。
 :【焼成】 1.5〜1.8倍になったら、刷毛で上新粉(または小麦粉)を塗って、
   箸で真ん中を下までギュッと押さえる。
   170℃のオーブンで15〜20分焼く。
   途中焼き色がつき過ぎたら160℃に下げて焼く。

ポイント 上新粉が入ると、よりモッチリする。強力粉100%で作ってもいい。
      表面に塗る粉は上新粉の方が香ばしくなる。
      カボチャが入ってるので、終始ベタついていて少し扱いにくいかもしれない。
      必要であれば手粉を。
      カボチャの水分量・糖度で性格が変わるので、調節する。
      イーストを少なくして発酵時間を長くとるけれど、急ぎの場合は、イーストを増やす。
posted by 向夏 at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | パン(ソフト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぷっくりおへそのハニーマドレーヌ

 マドレーヌシェル 1.jpg

 ハチミツがたっぷり入ったマドレーヌ
 真ん中におへそが出来ます

 <7個>
 卵               1個
 砂糖             20g
 ハチミツ           20g
 生クリーム(牛乳)     15g
 バター            40〜50g
 ★薄力粉          60g
 ★ベーキングパウダー  小さじ1/3
 ラムエッセンス       適宜

 :★の粉類をふるっておく。
   バターは溶かしておく。
 :ボールに卵・砂糖・ハチミツを入れ、よく混ぜる。
   そこへ生クリーム(牛乳)を入れて混ぜたら、粉を2〜3回に分けて入れ、グルグル混ぜる。
   エッセンスも入れる。
 :溶かしバターを少しずつ加え、生地と馴染ませる。
   バターが冷めてる時は、温め直して熱い状態で加える。
 :冷蔵庫で2時間〜一晩寝かせる。これ大事!
 :冷えた状態のままで生地を型に流す。
   190℃に予熱したオーブンで12〜15分焼く。
 :焼けたら型から外して冷ます。
   冷めたら乾燥しないように、ラップなどに包む。
 :【もし…】 焼きすぎたり、よりしっとりさせたい場合は、砂糖:水を1:1で沸かしたものを刷毛で塗って浸み込ませる。
   (ここでラム酒を加えても)

ポイント バターは熱い状態で入れた方がキレイに混ざる。
      生地は休ませた方が風味が良くなる。
      逆に、すぐに焼けば全体にふんわりしたフカフカのケーキが出来る。
      おへそを作る為には、冷えた生地を高温のオーブンで焼くこと。
      できれば天板も予熱しておく。
 
posted by 向夏 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | その他お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

天然酵母のスコーン・実験

 スコーン(リンゴ酵母)-1.jpg

 りんご酵母使用
 
 薄力粉     100%
 元種       50%
 バター(有塩) 20%
 砂糖       5%
 牛乳      40%(?) 

 :バターと粉をモロモロにして、元種・牛乳・砂糖を混ぜ込む。
 :冷蔵庫で6時間。
 :3回二つ折りにし、包丁でカット。
   トップに牛乳を塗る。
 :180℃で17分。

反省 元種が多すぎた。
    膨らみすぎた。→もう少し薄く。
    焼成温度低かったのもあって、ほとんどパンだった。
    味はおいしい。


 チーズスコーン(リンゴ酵母).jpg

 りんご酵母使用

 薄力粉      100%
 元種        20%
 バター(有塩)  15%
 砂糖        5%
 豆乳        40%
 
 粉チーズ     大さじ1

 :バターと粉をモロモロにして、元種・牛乳・砂糖を混ぜ込む。
 :室温で4時間。
 :2回二つ折りにし、1pに伸ばし型で抜く。
 :200℃で15分。

反省 目指すものに近かった。
    膨らみはかなりある。
    焼成温度が高かったので、ザクっと感があった。
    次は数日寝かせてみたい。


 セサミスコーン.jpg

 りんご酵母使用

 薄力粉      100%
 元種        10%
 バター(有塩)  15%
 砂糖        5%
 豆乳        40%

 白ゴマ      大さじ2


 :バターと粉をモロモロにして、元種・牛乳・砂糖を混ぜ込む。
 :冷蔵庫で3日間。
 :1pに伸ばし型で抜く。
 :200℃で15分。

反省 寝かせた方が甘みは増すが、よりパンっぽくなった。
    層もあまり出なかった。
    寝かさない方が、個人的には好きかなー。
   
posted by 向夏 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | スコーン・マフィン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

鶏とブロッコリーのクリームパスタ

 1.jpg

 クリーム系によく合うリングイネ使用
 少しニンニクを効かせて

 <1人分大盛>
 リングイネ       1人分
 鶏挽き肉       100g程度
 ブロッコリー      適量
 にんにく        1かけ
 オリーブオイル    適量
 ★バター        5〜10g
 ★小麦粉       大さじ1
 ◎牛乳(豆乳)    50cc
 ◎水          50cc
 塩・コショウ(BP)   適量


 :塩を入れたたっぷりの湯で、リングイネ・ブロッコリーをゆでる。
   ブロッコリーは火が通ったら引き上げる。
 :フライパンにオリーブオイル・にんにくを入れ香りが出たら、鶏挽肉を塩・コショウして炒める。
 :★を入れて炒める。
   ◎を入れてトロミが出るまで煮て、ブロッコリー投入。
   最後に塩で味を調える。
 :パスタをフライパンに入れ、よくからめる。
   仕上げに、お好みでパルメザンチーズ・パセリなどちらす。

ポイント 鶏肉は、胸肉を粗くたたいたものでも美味しい。
      牛乳の替わりに豆乳もさっぱりしててイイ。
      リングイネはソースがからんでもっちりするのでお勧めだけれど、フィットチーネ・スパゲッティ・ショートパスタでも。
  
posted by 向夏 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パスタ・麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クランベリーのミルクブレッド

 クランベリーミルク (1).jpg

 クランベリーが入ったミルクブレッド
 外は香ばしく、中はふんわり


 <3個>
 強力粉         200g    (100%)
 牛乳          135g    (67%)
 ドライイースト    小さじ1/2
 砂糖          6g     (3%)
 塩            2g     (1%)
 サラダ油(バター)  8g     (4%)
 ドライクランベリー  30〜40g
 上新粉(強力粉)   適量


 :ボールに粉をふるい、イーストを粉に軽く混ぜ、砂糖・ぬるい牛乳を入れ全体を混ぜる。
   塩を入れてよくこねる。
   表面がなめらかになってきたら、バターをいれ、再びよくこねる。
 :【一次発酵】 ひとつにまとめ、表面をピンとさせて丸く整える。
   薄く油脂を塗ったボールに入れ、ラップをする。
   暖かい所か、30℃程の湯煎で、2倍になるまで置く。
 :【ベンチタイム】 台に取り出しガス抜きをしたら、クランベリーを散らし、内側に丸め込む。
   3分割して丸め、濡れ布巾&ラップをかけて20分置く。
 :【二次発酵】 手のひらで軽く伸ばし、奥と手前から半分ずつ折る。
   全体を2つ折りにし、しっかりとじる。
   転がして適当な長さにし、クランベリーが出てる所は生地をつまんで隠す。
   天板に並べ、1.5〜2倍になるまで発酵させる。
 :【焼成】 表面に粉か上新粉を刷毛でぬり、クープを入れる。
   210℃に熱したオーブンで15分焼く。

ポイント 混ぜ込む油脂が、有塩バターの時は塩は減らす。
      発酵・焼成の温度に気をつける。
      最後に表面に塗る粉は、上新粉がなければ強力粉で可。
  
posted by 向夏 at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | パン(ハード) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちぎりミルクパン

 ちぎりパン2.jpg

 ちぎりパンならではの柔らかさ
 手軽にケーキの型で


 <17cm丸型>
 強力粉         200g  (100%)
 牛乳          145g   (73%)
 スキムミルク     30g   (15%)
 ドライイースト    小さじ1/2
 砂糖          8g    (4%)
 塩            2g    (1%)
 サラダ油(バター)  8g    (4%)


 :ボールにふるった強力粉・スキムミルク・砂糖・ドライイーストを入れ、牛乳を注ぐ。
   全体を混ぜ一まとまりになったくらいで、塩を混ぜる。
 :台に移して叩きつけ、こすり付けるようにこね、この叩くとこねるを繰り返す。
   ある程度なめらかになったら、バターを混ぜ込む。
 :【一次発酵】表面がなめらかになったら、キレイに一つに丸めて、はじめに使ったボールに戻す。
   ラップをして、暖かい所で2倍に膨らむまで発酵させる。
   40分くらいが目安。
 :【ベンチタイム】ガスを抜いて台に移し、6等分したらそれぞれ丸める。
   濡れ布巾をかけて15分ほど休ませる。
 :【成形】生地をやさしくつぶす。
   まわりの生地を内側に巻き込むようにして、丸くする。
   とじ目を下にして型に入れる。
   1つを真ん中にし、残りでその回りを囲み花の形にする。
 :【二次発酵】濡れ布巾をかけて、暖かい所で2倍に膨らむまで発酵させる。
   約40分くらい。
 :【焼成】180℃に熱したオーブンで、20分焼く。

ポイント グルテン膜をしっかり作る。
      とにかく乾燥に気をつける。
  
posted by 向夏 at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | パン(ソフト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。