2009年03月05日

サツマイモの米粉クッキー

サツマクッキー.jpg

 <小60〜80枚>
 上新粉        50g
 さつまいも      100g
 有塩バター     10g
 砂糖(きび)     5g程度
 黒ゴマ        大さじ1程度
 牛乳         15g〜

 :サツマイモは皮を剥き、水で濡らしてからラップで包む。
   電子レンジで柔らかくなるまで加熱する。(5分程)
   熱いうちにマッシュしておく。
   バターは溶かしておく。
 :ボールに上新粉・サツマイモ・砂糖・バターを入れ、カードでムラなく切り混ぜる。
   全体が均一な状態になったら、牛乳を少しずつ入れて、再びザクザク均一に混ぜる。
   ボールの壁にカードでギュッと一まとめにする。
   粉っぽくヒビ割れたりせずに、全体がしっとりとまとまったところで、牛乳はストップ。
   ゴマを加えて全体に混ぜ込む。
 :大きめのラップに挟んで適当に薄く伸ばしたら、冷蔵庫で15分程休ませる。
   持ち上げてみて、しならなければOK。
 :それをさらに5mmくらいの厚さに伸ばし、好きな型で抜く。
   イモの繊維が飛び出してたら、指でサッと馴染ませる。
   途中抜きにくくなったら、冷やしてからまた始めると良い。
 :170℃のオーブンで20〜25分程焼く。
   まわりが少し色付くくらい。
   それでもまだ柔らかい時は、150℃程で少し乾燥焼きする。
   一番厚みのあるものの真ん中を押して、硬ければOK。

ポイント サツマイモの水分によって、加える牛乳量は変わる。
      上新粉は普通の団子用のモノ。


追記 ('09.3.5)
    作ってみたけどウマく出来なかった…という意見をいくつか参考にして、手順を追加・見直しました。
    ◆手順3の「冷蔵庫」の記述が抜けていました。
    ◆生地作りは、私がいつもやってるそのままの作業に書き換えました。
    ◆「なかなか固くならない」という意見があったのでその場合は、
     記述した焼き時間後、温度を下げて乾燥焼きをすると良いです。
     それでも…という時は、オーブンの余熱で乾燥させると良いと思います。
    ◆焼けない原因は、水分が多かったせいだと考えられます。
     米粉は生地の硬さの見極めが難しいのですが、
     生地を仕込む時は、粉っぽくなく一つにまとまるギリギリくらいが良いかもしれません。
     水分が多いと、焼き時間が長引いたり、硬くなったり、焼き上がりに真ん中が窪んだりする原因になるようです。
    
posted by 向夏 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。