2008年04月04日

レモン酵母のマフィン

 チョコマフィン(レモン) 2.jpg

 かけ継ぎ2回の中種法

 <粉80gで4〜5個>
 薄力粉    100%
 元種      40%
 砂糖      12〜15%
 有塩バター  15%
 卵       100gに1/2個
 水        50%前後

 :ボールに元種・溶かしバター・卵・砂糖を入れ、泡立て器でよく混ぜる。
    トッピングはココで混ぜる。
 :そこにふるった粉を半量混ぜ、水を少なめに入れて混ぜる。
   残りの粉を混ぜる。
    ここで、ゆるければ粉を足し、固ければ水を加える。
     ポテッと落ちるくらいが目安。
 :マフィンカップの半分まで入れたら、タッパーなどに並べて、
   25〜30℃の湯に浮かべ発酵させる。
   全体にラップかシャワーキャップをかける。
 :1時間半〜2時間くらいで、カップの9分目まで膨らむ。
 :余熱なし180℃のオーブンで20分前後。

反省 余熱ありよりスタートアップの方が、破裂や飛び出しが少なかった。
    中はとてもふっくら柔らか。
    BPのより口どけが良かった。
    レモンの香り・風味が残ってて、パンよりお菓子によく合う。

 チョコマフィン(レモン) 3.jpgチョコマフィン(レモン) 1.jpg レモンマフィン(レモン).jpg
  1個当たり5gのチョコ入り                レモンピール入り
     
posted by 向夏 at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | スコーン・マフィン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92162923
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。